D0efb73a 6a9c 45c3 bc79 6225632294bb

『幕末太陽傳』川島監督生誕100周年 × 江戸長唄ごひいき衆 三味線ライブつき

2018年09月01日 (土) 17:30~
東京都中央区日本橋2-7-1
  • チケット三味線ライブ、ドリンクつき!
  • 1,500円

『幕末太陽傳』川島監督生誕100周年 × 江戸長唄ごひいき衆 三味線ライブつき

映画との出会いをつくる日本橋映画祭。今回の上映作品は監督・川島雄三×フランキー堺の名作『幕末太陽傳』、
江戸長唄ごひいき衆とのコラボ企画です。上映前には、長唄三味線の生演奏。一気に江戸にタイムスリップする仕掛けも万端です。

《概要》
上映作品:『幕末太陽傅』
日時:2018/9/1(土)17:30-21:00
参加費: 1,500円(三味線ライブ+映画鑑賞+ドリンクつき!)
場所:サイボウズBar 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階(受付)
定員 : 40名
※食べ物、飲み物持ち込みOKです!ぜひご持参ください。

《2018/9/1(土)タイムテーブル》
17:00- 受付開始
17:30- 江戸長唄ごひいき衆~三味線ライブ
18:00- 上映開始
19:50- 上映終了、懇親会
21:00- 中締め
22:00- 本締め

《映画紹介》
疾走するフランキー堺:「地獄も極楽もあるもんけぇ、俺はまだまだ生きるんでい」

舞台は幕末の品川遊郭。主人公は無一文で飲み食いした後、「居残り稼業」で住み着く佐平次。
お客と遊女の化かしあい、騙し騙され、品川宿を疾走します。

落語『居残り佐平次』をベースにいくつもの遊郭話が渾然一体となったストーリー、主役・フランキー堺の身のこなしの洒脱さと影、三味線を爪弾く若き日の石原裕次郎と小林旭の共演、小沢昭一と左幸子の心中未遂の滑稽さ、60年前とは思えない映像・演出の斬新さetc、息つく暇ない展開にどこもかしこも見逃せません。

今年は川島雄三監督の生誕100周年。6月から落語・書籍刊行・映画上映等、100周年プロジェクトが始動しています。

今回の上映にあわせ、書店『平井の本棚』から、落語や映画の関連書籍を展示・販売。映画同様、盛りだくさんの企画。ぜひお運びください。

予告編: 

 
■開催場所
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー27階 サイボウズ 東京オフィス
https://cybozu.co.jp/company/a...


■運営者 プロフィール
江戸長唄ごひいき衆

長唄をきっかけに賑やかに集まる会。三味線の音が流れる粋な街を目指して、
神田・海老原商店での月例お稽古や街イベント等でのミニライブを行っています。

平井の本棚

総武線平井駅前に7月に開店したばかりの古くて新しい5坪の本屋。

落語・芸能関係の本も取り扱っています。

https://hirai-shelf.tokyo/

https://twitter.com/hirai_hond...


森 信一郎

サイボウズ株式会社 コーポレートブランディング部所属 日本橋映画祭主催。

日本橋映画祭とは「 映画をきっかけに、多様な楽しみ方を試みる映画祭です」映画を観て雑談するのが好き。
https://nff.qloba.com 


日本橋映画祭はサイボウズの映画部が運営しています。映画との出会いをつくり、
映画の多様な楽しみ方を広げてければと考えています。

一緒に映画鑑賞する体験をきっかけに、映画について語ったり、テーマに沿って何かをつくったりして、
今後別の活動に繋がったり、気楽に懇親が深まるとうれしいです。
皆様のお越しをお待ちしております。日本橋映画祭に持ち込み企画あれば歓迎します!

お会いできることを楽しみにしております!
どうぞよろしくお願いいたします。

 
※東京日本橋タワーの入館手続きが必要なので、参加者には別途ご案内します!

※映画チケット、ドリンク代金はクレジットカードの前払いのみとなり、事前支払がないと入場できない為ご注意ください。
※キャンセルは前日まで可能です。当日は映画上映開始から1時間後まで
クレジットカードでお支払いいただけます。
※7階の入館ゲートになるべくスタッフが
いるようにいたしますので、ご不明点あればお声がけください。
※サイボウズBarは映画専用の環境ではないため、画質、音質が不安定になったり、
Barの外の光が入り込むことがございます。
恐れ入りますが、ご了承いただけますと幸いです。
※入館バーコードの補足です。
東京日本橋タワー7階でスマホで表示するPDFもしくは紙に印刷したバーコードを
持参いただき、入館端末のバーコードリーダーにバーコードをかざし
「QRコードの入った入館証」を発行してください。そのQRコードを駅の改札のような
入館ゲートにかざしてエレベーターフロアに入り27階まで上がってきてください。
複数名でご来社いただいた場合は、ご来社前に複数名分同じバーコードを用意して
も入場いただけます。また、7階の入館端末で1枚のバーコードを使い、複数回バーコード
リーダーにかざすことで複数枚QRコードを発行できるので必要人数分発行いただき、
ご入場ください。

イベンター

15

上映作品

73e8bc94 4c38 4c01 8888 bf146c6ab122

コメディ  110分

2012年の日活100周年を記念し「後の100年まで残したい1本」としてデジタル修復。撮影当時のスタッフが修復に携わり、半世紀の時を超えて甦った、日本映画至宝の痛快エンターテインメント!

  • 36人
  • 1

シアター

日本橋にあるサイボウズ株式会社のサイボウズ BAR(バル)です。 サイボウズ株式会社は、グループウェアの開発や運用を通して、チームワークあふれる社会を作ることを目指しています。東京オフィスのコンセプトは「Big HUB for TEAMWORK」。その中でもサイボウズ BAR は、スペインのバルにちなんで、日中の仕事モードと業務後の賑やかな時間の両方で利用できるイメージで作られています。普段はランチなど個人グループで利用する他、ワークショップなどにも活用しています。120インチのスクリーン、業務用プロジェクター、広指向性天上埋込型スピーカーを完備。お酒を飲むスペースはもちろん、キッチンやカフェブース、子供が過ごすことのできるリビングを備えています。 ハンモックやマスコットキャラクターのボウズマンなど、遊び心溢れる場所です。社内外問わず、コミュニケーションを活性化するようなイベントにご利用いただけます。【施設詳細】https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001002.html
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー 27階

コメント

長唄が作品にマッチしてて盛り上げてくれましたね♪

2018/09/01

長唄を直に聴くのははじめてでしたが、想像以上に楽しめました。合間の掛け声?合いの手?が格好良いですね。映画は言わずもがな。1秒たりとも気が緩む事もなく頭から尻尾まで楽しめました。余談ですが、Wikiにあった幻のエンディングは、私は想像すると鳥肌が立つくらいすごいと思います。

2018/09/03

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました