740c91d6 179f 40db b594 d97d281ee4ad

にじOPEN!朝の上映会!「まちや紳士録」

2018年10月15日 (月) 09:00~
岐阜県高山市国府町宮地
  • チケットお茶つき。
  • 1,400円

「にじ」は、岐阜県高山市の小さな集落に、お隣、飛騨市から移築された古民家です。
築120年以上経つその古民家の2階を利用し、2018年秋、小さなシネマスペースを作りました。最大20名の方に入っていただけるスペースです。

そのオープン作品としてふさわしいと選ばせていただいたのがこの作品、
「まちや紳士録」です。

映画を見終わったあとは是非ゆっくりお茶を飲んでってください。

月曜という平日、朝早くにオープンします!
月曜朝からご一緒にいかがですか?

上映日:10月15日(月)
上映時間:朝9時スタート (88分)
料金:1400円
制作年:2013年 
制作国:日本

今回、popornを使っての初めての上映会となります。もしかしたら不手際があるかもしれません。。。その際はご理解のほど、よろしくお願いいたします!!!

*映画あらすじ*(HPより)
国民国家として経済成長を謳い続けた日本に昨年(*2011) 3月11日、突如衝撃が走った。

戦後、豊かなニッポンを理想に掲げ、新たなイノベーションを繰り返して明るい未来を想像し続けてきた中途で取り返しのつかない危機に日本は直面してしまったのである。 果たして私たちは正しい選択を続けてきたのか。 このヒントを人口7万人で、100年以上の町家の並ぶ八女市・福島地区から探ろうとするものである。
八女福島には、およそ100戸の古民家が軒を並べ1世紀、2世紀に及ぶ人々の暮しがあった。その暮しは、南北東を山に囲まれ、その山は材を供給し、山から流れる川は水を配給し、和紙や提灯作りが盛んにおこなわれるようになった。また、木工も発達し、多くの仏壇を生んだ。茶の栽培は全国的にも有名になり、八女を代表する産業にまで成長した。
生産者や商人たちを見守るような町家の建物は、彼らの周囲で息づいてきたのである。 その町家が、保存という面で危機に瀕している。
住人の高齢化により、町家は現代社会の中に溶け込めずにただ孤高の構築物として佇んでいる。
町家を守るべきか、立て替えるべきかあるいは伝統を支える修理技術の伝承は果たして充分行われているのか?

この作品は、一年を通して「町家とそこで暮らす人々に内在する生活の機微」を捉えることにより、近代化・効率化に翻弄される戦後ニッポンの選択肢を問い直してみようとするものである。

公式HP:http://www.yame-machiya.info/

イベンター

2

上映作品

C75fc0c6 acdc 4f28 ac26 2b58f3038f67

ドキュメンタリー 88分

高度経済成長の波におされ、壊されてきた多くの伝統的な町並み。その中でかろうじて残った町並み保存地区の一つ(福岡県八女市八女福島地区) この地に越してきた監督と妻が、そこに暮らし、見たものとは...

  • 7人
  • 0

シアター

  • 718d7d92 919b 4545 9c1c 84236405fd68
  • 岐阜県高山市国府町宮地
築124年の古民家を移築し、2階を丸々コミュニティスペースとして使えるようにしつらえたスペース。広々とした空間に、閉店した喫茶店から譲り受けたチェアやご家庭から譲って頂いたソファなどが並び、ゆっくりくつろいで映画を楽しんでいただけます。 上映会はもちろん、ジャンルの枠にこだわらずに楽しいこと、おもしろい事を発信する場所です。「にじ」のように何色もの色々なカラーが集まり一つの美しいものを目指します。 冷暖房施設がないため、真冬、真夏はクローズします。 ※新しい場所のため、住所がgoogle mapにまだ登録されておりません。荒城(あらき)神社を目指していらしてください。神社入り口の正面です。
岐阜県高山市国府町宮地1463-7

コメント

再生された古民家でこの映画はピッタリでした。 大工さんのワザ、もっとたくさん観たかった!

2018/10/15

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました