Ae9576c1 06b6 4494 bf8a 75caf1951748

暮らしの続きを考える

2018年11月13日 (火) 09:00~
大阪府大阪市
  • チケットコーヒー、お茶がついてます
  • 1,500円

人口約500人の小さな島に起きた原子力発電所の建設計画のはなし。
暮らしの続きをちょっと考えてみたいと思います。

【作品紹介】
・祝の島

<解説・ストーリー>
瀬戸内海に浮かぶ山口県上関町祝島 。人口約500人のこの島では、 海からもたらされる豊穣な恵みに支えられ、何代にもわたり互いに助け合う共同体としての結びつきが育まれてきた。 1982年、島の対岸4kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がる。「海と山さえあれば生きていける。だからわしらの代で海は売れん」いう祝島の人々は、以来現在に至るまで反対をし続けている。 1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うとき、私たちは何を選ぶのか。映画『祝の島』では、祝島の未来にいのちをつなぐ暮らしを描く。
<情報>
監督: 纐纈あや
プロデューサー: 本橋成一
脚本:
出演者: 山口県上関町祝島島民のみなさん
ロケーション: 山口県上関町祝島
音声: 日本語
2010年 / 105分
公式サイト: https://www.hourinoshima.com/

■上映後、感想をおしゃべりする時間があります。
コーヒーもしくは、お茶(紅茶、日本茶)が一杯つきます。
食べ物の持ち込み可能です。


イベンター

8af7c20c fc54 4a37 9814 075105175285Tsuyoshi Akiho
2

上映作品

C58db5ef 74db 4971 a945 d009a82554ea

ドキュメンタリー 105分

一〇〇〇年先にいのちはつづく 原発予定地から 朝日が昇る 島のいちにちが 今日も始まる

  • 3人
  • 0

シアター

日本茶、紅茶、まなび合いの茶の間「種ノ箱」。種ノ箱は、昭和三十年代に建てられた木造長屋の中にある茶の間です。四畳半のたたみと三畳ちょっとのキッチンがあります。落ち着いた、こじんまりした空間なので、ちょっとしたまなび合いの場所にしたいと思っています。店主は、紅茶が好きな日本茶インストラクター。農業や食べ物に関心が高いため、身近な飲み物、食べ物の映画上映を中心に行いたいと考えています。
大阪府大阪市空堀町11-8 2F 種ノ箱

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました