88d5c14c 98aa 420f 847a 1c9580fac148

「美術館を手玉にとった男」michizoiシネマ徳島mini#16

2019年03月20日 (水) 20:00~
徳島県勝浦郡勝浦町
  • チケットワンドリンク付き
  • 1,600円

日時:3月20日(水) 

19:30開場

20:00上映開始

21:30ごろ上映終了 

上映後歓談、自由解散

入場料:1,600円(ワンドリンク付き)

上映前にドリンクのサービスがございます。

その他持ち込みは自由です。

お菓子等、持ち寄りでシェアしましょう。

場所:michizoiシネマ徳島/勝浦町生名神ノ木28-5

https://michizoikk.wixsite.com...

============

ー作品紹介ー

2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた大量の絵画が、贋作であることが発覚した。この事件は極めて特殊な贋作事件で、一人の男が精巧な贋作を100点以上制作し、法外な金額で売ることができるにも関わらず、それらを無償で寄贈していたのだ。 男の名はマーク・ランディス。彼は長年にわたり、15世紀のイコンから、ピカソ、マグリット、ディズニーまで、幅広いスタイルの絵画を模倣し続けてきた。そして“慈善活動”と称し、神父など様々なキャラクターに扮して、それらの贋作を美術館に寄贈してきたのだ。騙された美術館は全米20州、46館にものぼった。しかし、美術館職員のマシュー・レイニンガーが、それらの作品群が贋作であるということを発見する。ニューヨーク・タイムズやフィナンシャル・タイムズ、テレビなどのメディアが、このセンセーショナルな事件を大きく取り上げ、ランディスを追いかけた。FBIも捜査に乗り出すが、彼は金銭を一切受け取っていないため、罪には問われなかった。結局、贋作活動をやめさせようとするレイニンガー達を無視して、ランディスは“慈善活動”を続けていた。しかし、レイニンガーの元同僚のアーロン・コーワンが思いついた一つのアイデアによって、彼の運命は新たに動き出す― MoMAでの勤務経験を持つグラウスマンと画家として活動していたカルマンという美術界にバックグラウンドを持つ2人のドキュメンタリー作家が、謎の贋作画家マーク・ランディスの素顔に迫った本作は、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ5ドキュメンタリーに選出されるなど、全米で大きな話題となった。 贋作制作に執念を燃やすランディスと、彼を追うことに執念を燃やす人々。そして彼に騙された人々。彼ら自身や社会が持つ歪み、苦悩、そして良心が、ユーモラスかつ鋭く描かれるドキュメンタリー。

配給:トレノバ
コピーライト:©Purple Parrot Films

監督: サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン

プロデューサー: サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン

脚本: 

出演者: マーク・ランディス/マシュー・レイニンガー/アーロン・コーワン/ジョン・ギャッパー

ロケーション: アメリカ

音声: 英語 (字幕あり)

2014年 / 89分

公式サイト: http://man-and-museum.com/


イベンター

19

上映作品

B2d12e5b a2f1 4dce 9aeb ed5d19bc78b3

ドキュメンタリー 89分

全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた 史上最も善意ある贋作者の話

  • 78人
  • 0

シアター

michizoiは徳島県勝浦町の道沿いにひっそりと佇む、人の交流が生まれる小さな倉庫です。 2015年に古い倉庫を改装して誕生し、「ふらっと立ち寄れる場所」を目指して晩御飯会やワークショップ等を開催してきました。 michizoiのコミュニティづくりの一つとしてこの映画館があります。 シネコンのような映像体験や最新の音響機器はありませんが、ここに来ればいつもの仲間がいる。語り合える仲間に出会える。 そんな場所を目指し、コミュニケーションによる映画体験をデザインしていきます。 真冬、真夏はこちらで開催いたします。
徳島県勝浦郡勝浦町生名神ノ木28-5 michizoiシネマ徳島

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました