D9bcaaf2 407f 4a2a 93e9 8a97381eb9f2

365日のシンプルライフ上映会 + 鴻池和彦さんトークイベント

2019年06月05日 (水) 19:30~
山口県下関市

【uzucinema vol.01】
ウズハウスにて映画上映を実験的にはじめてみます!


記念すべき第一作目は『365日のシンプルライフ』(監督・脚本・主演:ペトリ・ルーッカイネン)。
「人生で大切なもの」を見つけ出す3 6 5 日のモノがたり、詳しくは下記及びリンクサイトへ。

そしてさらに上映後は下関市出身・在住の映画監督・鴻池和彦さんによるトークイベント!
大学卒業後からどっぷりと映画業界に携わっており、かつ一時期は下関にて郵便局長もやっていたという異色の経歴をもつ鴻池さんの映画や街に対するお話を伺いたいと思います。
今回の『365日のシンプルライフ』もラインナップの中からウズハウスらしいものとして選んでいただきました。


【参加費】
おひとり 1,300円(税込)
※ドリンクの持ち込みは不可となりますので、必要な方は1階にてご購入ください。


【タイムテーブル】
19:00 入場受付開始
19:30 映画『365日のシンプルライフ』上映開始
20:50 休憩
21:00 鴻池和彦さんトークイベント


【映画について】
『365日のシンプルライフ』
26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れた自分の部屋には幸せがないと感じ、自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。ルールは4つ。
①持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日に1個だけ持って来る
③1年間、続ける
④1年間、何も買わない
毎日、モノを1つ選ぶたびに、自分自身と向き合うペトリ。「人生で大切なものは何か?」、究極の”シンプルライフ”から見えてくる。
提供・配給:パンドラ+kinologue (c)Unikino 2013
https://popcorn.theater/films/140


【鴻池和彦さんについて】
鴻池和彦 プロフィール(株式会社cinepos代表)
1971年下関市生まれ。専修大学文学部国文学科卒。
1993年円谷プロダクション入社。
その後、東北新社、ギャガ・コミュニケーションズ、ダブ等で企画・制作・プロデュースに従事。
これまで培った映像製作方法論を活かし、2016年6月13日に映画・CM・PVと多岐にわたる映像制作を基とする株式会社cineposを下関にて起業。
同年11月には下関で単館系配給上映事業「シネマクロール」をcipollaオーナーの中村嗣央氏と立ち上げる。6月公開作品は15日からイーサンホーク主演「魂のゆくえ」。


【さいごに】
popcornという新しい仕組みを使っての上映となりますので、スムーズにいかない部分が出てくる可能性があります。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

イベンター

2

上映作品

076d09aa f50f 4738 8eed 5cf8813d3413

ドキュメンタリー 80分

フィンランド人の若者ペトリが、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“実験”生活。その中で、毎日「自分にとって必要なモノは何か?」をペトリが考えていくうちに、「幸せになるために、人生で大切なものは何か?」という問いが、観る者にも投げ掛けられてくる “自分ごと” 映画

  • 414人
  • 7

シアター

ウズハウスは築43年の廃墟化した建物をフルリノベーションして2016年8月にオープンしたゲストハウスです。安徳天皇が祀られた赤間神宮と関門海峡に挟まれた最高のロケーション。また1階と2階はカフェ&バーとなっており、美味しいコーヒーやアルコールが楽しめます。映画を上映するスペースは3階の海側。地元の方も旅人も一緒になって、ステキなフィルムを楽しめたらと思います。
山口県下関市阿弥陀寺町7-8 ウズハウス

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました