5184381e 16fb 407c 8e5b 95edb32aa383

よかったらコーヒーを飲みながら

2019年06月13日 (木) 19:00~
大阪府大阪市
  • チケットコーヒー、お茶がついてます
  • 1,500円

コーヒーをイメージしたコンテポラリーダンス。16年ぶりの再演。
創作現場から映像化。

【作品紹介】
・ニブロール「コーヒー」2018

<解説・ストーリー>
苦くて飲めなかった「コーヒー」が、いつの間にか飲めるようになっている。子どもから大人へ。境界線を越えていく切実な身体が描かれるNibroll『コーヒー』。世界に衝撃を与えた『コーヒー』が、16年ぶりに横浜ダンスコレクション2018のオープニング・プログラムとして再演。 映画『ほったまるびより』が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞を受賞するなど、気鋭の映像作家・吉開菜央が、ダンサー・振付家でもある視点からその創作現場を追った。16年前の出演者の個性に根ざした振付が、現在の出演者の身体を通して継承されていく過程が描かれる。制作は、MOTIONGALLERY STUDIO。

<情報>
監督: 吉開菜央
プロデューサー: 大高健志、汐田海平
脚本:
出演者: 矢内原美邦/高橋啓祐/矢内原充志/上村有紀/鈴木隆司/友野翔太/昇良樹/間瀬奈都美/望月めいり/八木光太郎
ロケーション: 横浜赤レンガ倉庫1号館
音声: 日本語
2018年 / 80分
関連サイト: https://motion-gallery.net/projects/ydc2111515

■上映後、感想をおしゃべりする時間があります。
コーヒーもしくは、お茶(紅茶、日本茶)が一杯つきます。

イベンター

8af7c20c fc54 4a37 9814 075105175285Tsuyoshi Akiho
37

上映作品

26f02367 082d 4497 938e 0b955549ffa1

ドキュメンタリー 80分

世界に衝撃を与えたNibroll『コーヒー』が、16年ぶりに横浜ダンスコレクション2018のオープニング・プログラムとして再演された。その創作過程に、ダンサー・振付家でもある映像作家・吉開菜央が密着。稽古風景、出演者や関係者へのインタビュー、公演本番などを映像化したドキュメンタリー。

  • 24人
  • 0

シアター

日本茶、紅茶、まなび合いの茶の間「種ノ箱」。種ノ箱は、昭和三十年代に建てられた木造長屋の中にある茶の間です。四畳半のたたみと三畳ちょっとのキッチンがあります。落ち着いた、こじんまりした空間なので、ちょっとしたまなび合いの場所にしたいと思っています。店主は、紅茶が好きな日本茶インストラクター。農業や食べ物に関心が高いため、身近な飲み物、食べ物の映画上映を中心に行いたいと考えています。
大阪府大阪市空堀町11-8 2F 種ノ箱

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました