C1c5edc3 57a1 47e7 b602 1401b7370e18

SUIJO PARK CINEMA【365日のシンプルライフ】

2019年07月17日 (水) 20:00~
福岡県福岡市中央区西中洲13−1
  • チケット要1ドリンクオーダー
  • 1,300円

SUIJO PARK CINEMA
「365日のシンプルライフ」


水上公園で開催される「SUIJO PARK CINEMA」
今回はフィンランド人の若者ペトリが、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“実験”生活の中で、毎日「自分にとって必要なモノは何か?」を考えていくうちに、「幸せになるために、人生で大切なものは何か?」という問いが、観る者にも投げ掛けられてくる “自分ごと” 映画の上映会を開催します!

日時:7月17日(水)
OPEN19:30/START20:00/END21:30
入場料:1,300円
会場:SUIJO PARK CINEMA(福岡市中央区西中洲13-1 水上公園内 SHIP’S GARDEN 屋上)

※要1ドリンクオーダー
※屋外での上映となるため、雨天時は上映中止となる可能性がございます。中止の場合は、上映開始時刻の3時間前までにメッセージにてご連絡致します。
※popcornという新しい仕組みを使っての上映となりますので、スムーズにいかない部分が出てくる可能性があります。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。


・作品解説(作品紹介ページより)・・

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、失恋をきっかけにモノに囲まれた生活をリセットする“実験”を決意する。
ルールは4つ。

①持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日に1個だけ倉庫から持って来る
③1年間、続ける
④1年間、何も買わない。

1日目は、空っぽの部屋から倉庫まで、全裸で雪のヘルシンキを駆け抜ける。
こうして始まった365日の“実験”生活。毎日、倉庫からモノを1つ選ぶたびに、「自分にとって今、必要なモノは何か?」を考える。そんな中で、モノに反抗したくなったり、逆にモノが恋しくなったり、気持ちは日々変化していく。
「必要が満たされた時に、人はモノに何を求めるのか?」 「モノを買わないと決めたのに、直すより買った方が安い。どうしたらいい?」 「何のために、自分はたくさんのモノを持っていたのか?」 といった無数の問いと葛藤が、ペトリを襲う。
優しい相談相手であるおばあちゃん、兄を心配して食料を差し入れてくれる弟、文句を言いながらもモノの出し入れや修理を手伝ってくれる友人たち、新しく出会ったアウトドア好きなガールフレンドなど、様々な人々との関わりの中で、「自分を幸せにする、人生で大切なものは何か?」の答えを、ペトリは見出していく。


監督: ペトリ・ルーッカイネン
プロデューサー: アンッシ・ペルッタラ
脚本: ペトリ・ルーッカイネン
出演者: ペトリ・ルーッカイネン
ロケーション: フィンランド
音声: フィンランド語 (字幕あり)
2013年 / 80分
公式サイト: http://www.365simple.net

イベンター

4e4c26e3 8d7d 4858 9a93 ae081df3be36ミズベリングファンクラブ・フクオカ
4

上映作品

076d09aa f50f 4738 8eed 5cf8813d3413

ドキュメンタリー 80分

フィンランド人の若者ペトリが、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“実験”生活。その中で、毎日「自分にとって必要なモノは何か?」をペトリが考えていくうちに、「幸せになるために、人生で大切なものは何か?」という問いが、観る者にも投げ掛けられてくる “自分ごと” 映画

  • 383人
  • 7

シアター

天神と中洲とをつなぐルート上に位置する、水上公園。SHIP’S GARDENの屋上部分は、公園全体と一体的に利用できる、解放感あふれる“広場”。青空の下での読書やパークヨガなどのアクティビティが楽しめる空間です。公園部分にはステージにもなるデッキがあり、誰でも気軽に利用できる環境を整えています。さらに、隣接する那珂川ではSUP運営事業者と連携しながら、福岡の水辺空間の魅力発信、景観形成の支援をおこなっていきます。玄界灘へ向かって帆を上げる船のごとく、福岡独自のローカルカルチャーをアジア圏、また世界へ発信していく拠点にしていきたいと考えています。
福岡県福岡市中央区西中洲13−1SHIP'S GARDEN 屋上

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました