06089768 7a47 4114 9bec a9891034473b

ハチドリシアターVol.6 本田孝義監督特集『モバイルハウスのつくりかた』

2018年07月29日 (日) 15:00~
埼玉県ふじみ野市上福岡
  • チケットペットボトル1ドリンク付き
  • 1,000円

7月29日(日)  15:00-16:30

14:45開場

1000円(ペットボトル1ドリンク付き)


5回目、6回目のハチドリシアターは本田孝義監督のドキュメンタリー特集です。

2本目は『モバイルハウスのつくりかた』。

建てない建築家 坂口恭平さんのドキュメンタリーです。3万円で憧れのマイホーム建ててみませんか?


〈内容〉

「建てない」建築家がいる。名前は坂口恭平。「0円ハウス」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」といった著作で現代のライフスタイルに問いを投げかけ、故郷の熊本につくったゼロセンターで新しい生き方を模索する。 坂口さんは早稲田大学建築学科在学中に路上生活者の家と出会い、家について、都市について、生活について根本的に考えることを始めた。なぜ、建築家は巨大な建築物を建てるのだろう? なぜ、私たちは身の丈に合った巣のような家を建てることが出来ないのだろう?数々の著作で路上生活者の生活をレポートしてきた坂口さんは、2010年11月、ついに初の建築作品モバイルハウスの製作にとりかかる。坂口さんを手ほどきする「師匠」は多摩川の河川敷に長年暮らす、多摩川のロビンソンクルーソー。材料はホームセンターで購入。しめて制作費26,000円。二畳の家に移動用のかわいい車輪付き。師匠の叱咤激励を受けてようやく完成、設置場所は吉祥寺の駐車場。多摩川から設置場所の吉祥寺に移動という前日、東日本大震災が起こった。 住むとは? 暮らすとは? 生きるとは? ここには私たちが生きていくためのヒントがいっぱい詰まっています。

イベンター

6

上映作品

56f9a96e 68d0 4a63 b908 2643a65cfe94

ドキュメンタリー 98分

建てない建築家・坂口恭平、初のドキュメンタリー。 戦後日本では、長期間のローンを組んで家を建てることが、ローモデルでした。しかし、長期ローンは人々を「家の奴隷」にしてきたとも言えます。建築家・作家の坂口恭平は、「モバイルハウス」の製作を通して、新しい住まいの考え方を提示しています。

  • 59人
  • 3

シアター

埼玉県の上福岡という町にある小さなギャラリーです。写真や絵画などアート作品の展示だけでなく、趣味のお教室やワークショップ、商品の展示会、何かを発表する場になればと小さな空間をつくりました。「つながり」や「出会い」に気付き、「何か」を吸収できて、ほんの少し羽根を休める止まり木のような空間を目指しています。人々に愛されるギャラリーでありたいです。映画を上映することで新たな地域の交流にもつながれば嬉しいです。
埼玉県ふじみ野市上福岡1-12-17

友達に伝えよう

近くの上映会

このイベントは終了しました