63c4c501 7409 4e5b bfbd b348dd82309d

ドキュメンタリー 78分

重度の脳性まひを負いながらも、絵を描き続けることで多くの人に勇気を与え続けてきた天才画家、浅井力也。そして彼の才能を開花させた母、三和子。二人を20年以上にわたり追い続けた完全ドキュメンタリー映画、元フジテレビディレクター長島一由の映画初監督作品。2016年ハワイ国際映画祭公式招待上映作品。

  • 1人
  • 0

受賞歴

  • ハワイ国際映画祭
    公式招待上映作品

解説・ストーリー

普通の人のように歩くこともできないし話すこともできない。 重度の脳性まひを負って生まれてきた浅井力也。一度はベビーカーを押している手を、離して死んでしまおうと思った母三和子。しかし、4歳の時に出会った絵の具で彼の人生が変わる。言葉が話せない力也にとって、 絵は自分の想いを人に伝えることができる、唯一の術であった。彼の描く絵は多くの人の共感を呼び、日本国内だけでなく、中国、香港、サンフランシスコ、 NYと個展の舞台は世界まで広がった。「無意味に生まれてくる赤ちゃんはいない。人間には必ず神様から与えられた仕事がある」、今ではそう確信できる母。そして、30歳を過ぎた力也は支えられる立場から、多くの人をインスパイアする側にまでなった。だが、時が過ぎ、還暦を過ぎた母三和子にとって、自分がこの世を去った後の力也が生きていけるのか。そのことを思うと心が穏やかな日はない。力也は一人で生きていくために、クラウドソーシングを使った新しい表現方法や働き方を模索し始めた。天職にたどり着いたと思えた浅井力也の、新たな挑戦が始まる。「人生とは天職を探し続ける旅である」。本作品は、浅井力也の人生を通じて、人の働く意味を問う長編ドキュメンタリーである。

情報

監督: 長島一由

プロデューサー: 長島一由

脚本: 土田侑輝

出演者: 浅井力也/浅井三和子/長島一由/安藤恵美/関口尚志

ロケーション: ハワイ/広島/逗子/大分/東京

音声: 日本語

2016年 / 78分

公式サイト: http://nagashimakazuyoshi.wixsite.com/the-calling/blank-c1h6a

こんな作品も

    モーメント
    • 0人
    • 0
    そして泥船はゆく
    • 6人
    • 0
    祖谷物語ーおくのひとー
    • 44人
    • 4
    自然を知る新たな知を求めて
    • 0人
    • 0