2507f170 86e8 410a 9b42 6ae6955de1cd

ドキュメンタリー 52分

4歳から6歳のこどもたちが、哲学対話を続けた1年間のドキュメンタリー。

  • 0人
  • 0

受賞歴

  • ブローアップ・アートハウス国際映画祭
    ファイナリスト

解説・ストーリー

海と山に囲まれた神奈川県南部のちいさな町、逗子。この町に住む川辺洋平は、NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダを立ち上げ、2014年から日本全国で哲学対話の普及に取り組んでいる。そんな活動のひとつとして、2016年1月から未就学児と哲学する「こども哲学教室」が逗子でスタートした。哲学ってなんだろう。そもそも「かんがえる」ってどういうことだろう。それすらも手探りのおとなと、10人のこどもたちが、はじめて会った日からの1年間をドキュメンタリーでおいかけた。真剣なのになんだかおかしい、哲学する子どもたちの成長記録。

情報

監督: 内田英恵

プロデューサー: NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダ

脚本:

出演者: 川辺洋平

ロケーション: 神奈川県/逗子市/日本

音声: 日本語

2017年 / 52分

公式サイト: http://movie.ardacoda.com/

こんな作品も

    カンパイ! 世界が恋する日本酒
    • 59人
    • 0
    まちや紳士録
    • 5人
    • 0
    リトル・マエストラ
    • 5人
    • 0
    船、山にのぼる
    • 7人
    • 0