56f9a96e 68d0 4a63 b908 2643a65cfe94

ドキュメンタリー 98分

建てない建築家・坂口恭平、初のドキュメンタリー。 戦後日本では、長期間のローンを組んで家を建てることが、ローモデルでした。しかし、長期ローンは人々を「家の奴隷」にしてきたとも言えます。建築家・作家の坂口恭平は、「モバイルハウス」の製作を通して、新しい住まいの考え方を提示しています。

  • 20人
  • 1

解説・ストーリー

「建てない」建築家がいる。名前は坂口恭平。「0円ハウス」「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」といった著作で現代のライフスタイルに問いを投げかけ、故郷の熊本につくったゼロセンターで新しい生き方を模索する。 坂口さんは早稲田大学建築学科在学中に路上生活者の家と出会い、家について、都市について、生活について根本的に考えることを始めた。なぜ、建築家は巨大な建築物を建てるのだろう? なぜ、私たちは身の丈に合った巣のような家を建てることが出来ないのだろう?数々の著作で路上生活者の生活をレポートしてきた坂口さんは、2010年11月、ついに初の建築作品モバイルハウスの製作にとりかかる。坂口さんを手ほどきする「師匠」は多摩川の河川敷に長年暮らす、多摩川のロビンソンクルーソー。材料はホームセンターで購入。しめて制作費26,000円。二畳の家に移動用のかわいい車輪付き。師匠の叱咤激励を受けてようやく完成、設置場所は吉祥寺の駐車場。多摩川から設置場所の吉祥寺に移動という前日、東日本大震災が起こった。 住むとは? 暮らすとは? 生きるとは? ここには私たちが生きていくためのヒントがいっぱい詰まっています。

情報

監督: 本田孝義

プロデューサー: 本田孝義

脚本:

出演者: 坂口恭平

ロケーション: 東京都、熊本県

音声: 日本語

2011年 / 98分

公式サイト: http://www.mobilehouse-movie.com/

こんな作品も

    僕はもうすぐ十一歳になる。
    • 2人
    • 0
    父を探して
    • 4人
    • 0
    禁じられた遊び Jeux Interdits 
    • 0人
    • 0
    クリスマス・キャロル A Christmas Carol
    • 0人
    • 0