あえかなる部屋 内藤礼と、光たち

ドキュメンタリー 87分

生きていることは、それ自体、祝福であるのか ― 存在の神秘を問うアーティスト・内藤礼と、その代表作 豊島美術館《母型》。その世界に誘われる者たちの物語が交差し、世界が存在することの奇跡に触れる。これは一つのアートに導かれた女性たちの、静謐かつ烈しいドキュメンタリー。

  • 17人
  • 0

受賞歴

  • NY JAPAN CUTS映画祭
    招待作品
  • MotionGallery
    ファンディング作品

解説・ストーリー

体験した者に静かな驚きと歓びをもたらす作品を発表してきた美術家・内藤礼。代表作である豊島美術館《母型》は、そこにいるひと全ての存在を受け入れる、大きな生命体のような空間である。《母型》に出会い、その場の持つ力に強く惹惹かれた監督は、内藤に取材を依頼し、2年にわたって撮影を続けた。

 しかし、時をおいて、中村は内藤のアートの本質である「生きていることは、それ自体、祝福であるのか」という問いに、内藤にはキャメラを向けずに迫ることを決意する。そして内藤の「不在」を埋めるかのように、5人の女性たちと出会う。

 《母型》に集まり、そこで交わされる女性たちの傷みの感覚や、生と死に対する言葉《母型》を撮らねばならなかった監督自身の内的必然性と、女性たちの感受性はやがて呼応し、祈りのような大きな〈存在の問い〉へ、解き放たれていく。

http://aekanaru-movie.com/

Mg project banner

情報

監督: 中村佑子

プロデューサー: 中村佑子

脚本:

出演者: 内藤礼、谷口蘭、湯川ひな、田中恭子、沼倉信子、大山景子

ロケーション: 東京、豊島

音声: 日本語

2015年 / 87分

公式サイト: http://aekanaru-movie.com/

こんな作品も

    毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル〜最期に死ぬ時。
    • 0人
    • 0
    こども哲学-アーダコーダのじかん-
    • 2人
    • 0
    マンガをはみだした男 赤塚不二夫
    • 28人
    • 0
    千里眼
    • 0人
    • 0