9783eddb 137f 4134 af03 5c4b577ff051

ヒューマンドラマ 86分

群馬県佐波郡玉村町の五料地区で行なわれている郷土芸能『水神祭』や同町内での様々な祭事を背景にしながら、2013年7月から8月の12日間で玉村町内を中心に撮影を行ないました。本作の監督は群馬県内を中心に数多くの映画を撮り続ける藤橋誠、音楽監督はRaiji&Chipsのリーダーである小林頼司。

  • 2人
  • 0

解説・ストーリー

群馬県立女子大学4年の伊藤多美江がこの物語の主人公。卒業論文の題材として玉村町内で行なわれている郷土芸能を取材しながら、就職活動に四苦八苦する日々。ある日、女優になると高校卒業後、上京していた多美江の妹の真世が多美江が一人暮らしているアパートに帰ってくる。多美江はアルバイト先の焼肉店に真世を紹介し、自分は卒論と就活に打ち込むことに。一方、真世は焼肉店の息子であり映画監督志望の大学生、大森康一の映画に役者として参加することになる。康一は地元である玉村町のとある伝説に基づいた映画を中間と一緒に制作しているが、間もなく撮影を予定しているラストシーンに違和感を感じ悩んでいる。

真世の帰郷以来、多美江が暮らす環境が少しずつ変化し、運命自体が急速に歪んで行く。幼き頃から施設で暮らしていた姉妹が、あらゆる人間関係や玉村町内で行なわれている伝統芸能を通じ、蛇行しながらも前へ向かって生きていく、ひと夏を描いた物語です。

本作の出演者には群馬県内に在住または通学している方限定で募集を行い、約140名の応募者の中からオーディションよって選ばれた方で配役されました。また、特別出演として映画やドラマで活躍する光石研、濱本暢博や佐野元哉など個性派俳優で脇を固め、映画を盛り上げていただいております。群馬県、玉村町、群馬県立女子大学、地元企業と産学官連携、地域の方々との恊働による新たなカタチの映画制作によって1本の青春映画がここに完成しました。

情報

監督: 藤橋誠

プロデューサー: 町田昌美

脚本: 藤橋誠

出演者: 秋山絵里夏/加藤愛美/田中幸城/廣岡沙恵/佐藤慈寛/濱本暢博/佐野元哉/光石研

ロケーション: 群馬県玉村町

音声: 日本語

2014年 / 86分

公式サイト: https://www.facebook.com/hyouhaku2013.june.start

こんな作品も

    なけもしないくせに
    • 2人
    • 0
    ニブロール「コーヒー」2018
    • 24人
    • 0
    フタバから遠く離れて 第二部
    • 5人
    • 0
    シンプル・シモン
    • 395人
    • 11