39c199ca d717 4d50 b33f 81e8792b1d14

ドキュメンタリー 105分

捕鯨論争における両派の人々へのインタビューを基軸に、和歌山県太地町の問題だけでなく、これまで民間まで届いてこなかった政治的側面の実情に迫る、“鯨類”とされるイルカ・クジラ問題の包括的な映像を収めたドキュメンタリー。2010年にアカデミー賞を受賞した映画『ザ・コーヴ』の反証的映画。

  • 0人
  • 0

受賞歴

  • ハリウッド国際映画祭
    最優秀賞
  • 野生動物映画祭
    新しい視点賞
  • ロサンゼルス日本映画祭
    公平取材賞
  • ロサンゼルス インディペンデント映
    優勝
  • モントリオール世界映画祭
    オフィシャルセレクション
  • ロンドン国際映像映画祭
    ベスト監督賞
  • ニューヨーク国際映画祭
    栄誉賞
  • MotionGallery
    ファンディング作品

解説・ストーリー

◆食べても「よい」いきもの、「よくない」いきもの。それを決めるのは誰?

2010年、日本のイルカ漁を題材にした映画『ザ・コーヴ』が公開され、国内外で大きなニュースになった。その4年後の2014年には国際司法裁判所が『商業捕鯨の隠れ蓑』であったとするオーストラリアの主張に基づき、日本政府に南極での捕鯨プログラムの見直しをするよう裁定した。幼少の頃から親しんでいた鯨料理が食卓から消えるかもしれないという不安に加え、こうした日本を取り巻く捕鯨問題の扱われ方に疑問を持った八木は、記録用のビデオカメラと真実を知りたいという情熱だけを武器に独自に調査を始める。やがて辿り着いたのは同作の舞台となった和歌山県・太地町だった。

◆映画『ザ・コーヴ』から5年−舞台となった和歌山県・太地町のいま。

スポンサーなし、映画製作経験なし、カメラ技術なし…怪しい英語力で、気がつけば貯金を切り崩し取材を続けていた。4カ月にわたる太地での長期滞在の末、高齢の元捕鯨師や町長を含む現地の人々の貴重なインタビューを撮影。
また『ザ・コーヴ』の監督ルイ・シホヨス、同作品の主演であるリック・オバリにも取材を行い、双方の主張をカメラに収めた。さらには毎年イルカ漁の時期に太地でキャンプしている反捕鯨活動家たちからも話を聞き、さまざまな立場からこの問題に関係する人々を追っている。
そうして問題を掘り下げていくうちに、八木は政治的な捕鯨論争の裏にある、これまで決して一般には知らされていなかったより大きく不可解な側面に気づいたのだ。『ザ・コーヴ』よりもっと大きな何かに…。

◆「映像の借りは映像で返す」。数々の困難を乗り越え、ついに作品化!

本作が初監督映画となる八木景子。これまで日本側がシーシェパードや一部海外メディアの「カメラ」という武器に一方的に蹂躙されてきたことを知った彼女は、数々の困難を乗り越え自ら映像で返す決意で制作に臨んだ。
多くの人々の助力を得ながら「まるで不思議な縁で導かれるように」(本人談)、現地の声だけでなく国際捕鯨委員会の元・現日本政府代表や科学者、調査員などを含む国内外の捕鯨専門家へのインタビューも撮影。捕鯨に関する国際的な議論がどのように始まったか理解する点できわめて重要な文書を追うため、その取材はアメリカ・ワシントンD.C.にまで及んでいる。
Mg project banner

情報

監督: 八木 景子

プロデューサー: 八木 景子

脚本: 八木 景子

出演者: ルイ・シホヨス/リック・オバリ/森下丈二/諸貫秀樹/三軒一高/デビット・ハンス

ロケーション: 日本/アメリカ

音声: 日本語

2015年 / 105分

公式サイト: https://www.behindthecove.com/

こんな作品も

    太陽を掴め
    • 22人
    • 0
    漂泊
    • 2人
    • 0
    『それからのこと、これからのこと』/『いずれは消えてしまうすべてのものたちへ』
    • 5人
    • 0
    デスフォレスト恐怖の森5
    • 0人
    • 0