A319142a a779 4af6 9742 5a56dd38cbcf

ドキュメンタリー 81分

2013年10月1日、バンクシーがニューヨークで展示をスタートさせた。告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

  • 418人
  • 8

解説・ストーリー

2015年夏に“憂鬱な遊園地”「Dismaland」をイギリスにて開催(会期終了後、設備は解体され、シェルターを建設するため仏カレーにある難民キャンプに輸送された)、つい先日も難民キャンプの壁に“シリア移民の子”であるスティーブ・ジョブズを描くなど、作品の中で常に社会とアートの在り方を問うてきたバンクシー。本作は、「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼が、ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー!

情報

監督: クリス・モーカーベル

プロデューサー: シェイラ・ネビンズ

脚本: なし

出演者: なし

ロケーション: ニューヨーク/マンハッタン/ロウア―・イースト・サイドアレン通り/アメリカ

音声: 英語

2014年 / 81分

コメント

0dbad44f 9fbf 4d92 b4b5 15e0554091d4

NYの街に何かメッセージ性の強き何かを投下し続けるバンクシー。この全体の動きのどこまもが作品なのでしょう。

2017/04/25
0dbad44f 9fbf 4d92 b4b5 15e0554091d4

正体を明かさないまま、次々と作品を生み出すアーティスト、バンクシー。その作品に魅せられる人、作品が生むお金だけに興味を持つ人。そして、この現象に翻弄される人たち。これは本当にドキュメンタリーなの?それとも半分フィクション?彼自身、アートをもっと知りたくなる映画でした。

2017/04/25
0dbad44f 9fbf 4d92 b4b5 15e0554091d4

ドキュメンタリーらしく 「そんなことを考えているんだー」て感じでした。 フィクションではない思想や感覚はやはり面白い

2017/05/03
0dbad44f 9fbf 4d92 b4b5 15e0554091d4

一か月間毎日一点あらゆるBanksyの作品が紹介される中、一つ一つがユニークで独特ところが面白かった。

2017/06/13
0dbad44f 9fbf 4d92 b4b5 15e0554091d4

バンクシーはかっこいいなあ。とりあえずINSTAGRAMをフォローしようとおもった。

2017/08/13

こんな作品も

    ハーメルン
    • 24人
    • 0
    Dressing Up
    • 0人
    • 0
    タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ
    • 1人
    • 0
    オズの魔法使 The Wizard of OZ
    • 0人
    • 0