2e9083f5 87da 4da1 9d4d 66933ea07bfd

ドキュメンタリー 119分

はじめはみんな、泣き虫なフツーのお母さんだった。 鎌仲ひとみ監督最新作! 福島、そしてチェルノブイリ後のベラルーシ。 お母さんたちは、“希望”を選択した。

  • 24人
  • 0

受賞歴

  • MotionGallery
    ファンディング作品

解説・ストーリー

東京電力福島原発事故から4年。事故による影響は安全である・危険であるといった議論からこぼれ落ちる声が存在している。 それは不安な気持ちを抱えたお母さんたちの声だ。 かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きたのか。お母さんたちはどうやって子どもを守ろうとしたのか? 福島とチェルノブイリとの時間差は25年、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。 事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた。 希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。
Mg project banner

情報

監督: 鎌仲ひとみ

プロデューサー: 小泉修吉

脚本:

出演者: 佐々木るり 佐々木道範 佐藤晴美 菅谷昭 野呂美加 亀山ののこ バレンチナ・スモルニコワ ユーリ・デミッチクほか

ロケーション: 福島二本松市/ベラルーシ

音声: 日本語

2015年 / 119分

公式サイト: http://kamanaka.com/canon/

こんな作品も

    口裂け女VSカシマさん
    • 0人
    • 0
    トムとジェリー特集 PART1
    • 0人
    • 0
    MADE IN JAPANーこらっ!ー
    • 0人
    • 0
    オラファー・エリアソン 視覚と知覚
    • 37人
    • 1