Afc82277 4231 4c77 abca 0436ba1cc01a

ドキュメンタリー 119分

女たちのアマチュア劇団—— それは芸術か、セラピーか、革命か? アメリカ社会の“どん底”を生き抜いてきた女たちが 自らの体験を演劇にしていく。

  • 1人
  • 0

受賞歴

  • あいち国際女性映画祭
    招待作品
  • Imperfectuジェンダー映画祭
    招待作品
  • MotionGallery
    ファンディング作品

解説・ストーリー

舞台はサンフランシスコ、演出家ローデッサ・ジョーンズ率いる「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」。元受刑者とHIV/AIDS陽性の女性たちが、それぞれの人生を芝居にしていく。それは、暴力にさらされ、“どん底”を生き抜いてきた女たちが描く、現実とファンタジーの世界。女たちは、舞台で、日常で、トークバックする。本映画は、「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」の監督・プロデューサー坂上香による第2弾。芝居を通して自分に向き合い、社会に挑戦する8人の女たちに光をあてた群像ドキュメンタリー。 角田光代(小説家) 特殊な環境の、特殊な女性たちと思って見ていたのだけれど、終盤のある場面で、そうじゃない、と気づいた。なぜ気づいたか?ある場面に、私自身が自分でも驚くくらい、励まされたから。これは懸命に生きる「ごくふつうの」女性たちが、「ごくふつうの」私やあなたを、そんなふうに励ます映画だ。 上野千鶴子(社会学者) 虐待、強姦、ドラッグ、売春、エイズ…女たちの過去は惨憺たる経験だ。だが、傷ついた過去を否定せずに丸ごと抱きしめることで、女たちは前を向く。それまでよりももっとつよく、やさしくなって。坂上監督の「トークバック」は、その証言の記録だ。
Mg project banner

情報

監督: 坂上香

プロデューサー: 坂上香 麻生歩

脚本:

出演者: ローデッサ・ジョーンズ エディー・マッティンガー 他

ロケーション: 米国・サンフランシスコ

音声: 英語 日本語字幕 (字幕あり)

2013年 / 119分

公式サイト: http://www.talkbackoutloud.com/

こんな作品も

    トゥーマスト ~ギターとカラシニコフの狭間で~
    • 0人
    • 0
    幕末太陽傳 デジタル修復版
    • 11人
    • 0
    SR サイタマノラッパー ローサイドの逃亡者
    • 0人
    • 0
    あすなろ参上!
    • 0人
    • 0